千葉ゴルフ場の鉄柱撤去「同意が得られない」理由は?同意区画からフジムラが撤去開始もオーナーは他人事

先月の台風15号の影響で千葉県市原市のゴルフ場「市原ゴルフガーデン」の鉄柱が倒壊し、近くの住宅16棟が被害を受けた被害。

2019年10月10日に説明会が行われ、撤去に同意できる区画から順に鉄柱の撤去が行われる見通しが説明されました。

鉄柱撤去を行うのは大手解体業者の「フジムラ」。撤去時に負った住宅などの損害については保証できることが新たにわかり、撤去も無償で行うという話。

しかしいまだに鉄柱撤去に同意のない世帯があるとのこと。いったいなぜなのか、理由についてまとめました。

千葉ゴルフ場の鉄柱撤去「同意が得られない」理由は?

説明会が10日午後5時から開かれた住民説明会には、ゴルフ場のオーナー他、25世帯の計63人が参加したとのこと。

今回説明された内容は、

  • 住民の同意を得た場所について、来週14日から準備、28日から撤去作業を開始する予定である。
  • 撤去作業にともなって住宅に新たな被害が出た場合は、損害保険で補償を行う
  • 倒壊自体による被害は災害によるものであるとして補償はしない方針である。

ということ。しかしいまだに対象世帯の3割の住民から同意が得られていないのが現状で、理由には

  • 一般企業が無償で解体作業をすることに裏があるのではという心配がある。
  • ゴルフ場が損害賠償や鉄柱撤去の責任を追わないことが納得できない。
  • ゴルフ場のオーナーおよび弁護士から納得のいく説明がされていない。
  • 被害に関連して受けた心身のダメージについて保証して欲しい

こうしたことがあげられるとのこと。

住民コメント

「やっぱり同意出来ないという人もいたが、撤去しない限り住宅被害の補償の話に進まない」

「撤去できるようになったことが、第一歩かなと思う」

「倒壊の被害について補償しないと説明されて、ゴルフ練習場側と今後も話をしていかないといけない」

「(撤去が進まないせいで)被害が拡大していると感じています。補償の問題は避けられないと思うが、被災者の心のケアもしっかりやってほしい」

同意区画からフジムラが撤去開始もオーナーは他人事

一方で「市原ゴルフガーデン」のオーナーの女性は10日の説明会で「こういう事態になり誠に申し訳ありません」と謝罪したものの・・

「自然災害で倒れたということで補償ができないのは仕方がないことだと思います。」

「台風19号でさらにポールが倒れないか不安があるがすぐに撤去できないのでそのままになってしまった」

「(解体業者は)倒れかけている鉄柱は先にどかすそうです。ブルーシートをかけて、屋根が水漏れするんでしたら、そういうところをやっていただきたいなと思ってます」(出典:JCASTニュース)

といった、当事者としての自覚のないような言動だったと言われています。

台風19号によるさらなる被害についても、「もちろん心配してます」と言うものの、「自分の力では限度があります」「補償の話は私はわからない」などとのらりくらりと逃げる。

業を煮やした住民らは「個々で話をするといったじゃないですか」「すみませんじゃねえよ、こっちの気も知らないで」などと強い口調で不満を訴えていた。出典:JCASTニュース

今回の被害について、大規模な被害が出ているにも関わらず市や自治体、国の支援がほとんどあるいは全くなく、相手側の保証も受けられな状態になることは珍しく、今後も問題は長期化していく見込みです。

ネットの反応

  • ゴルフ練習場の鉄塔の基礎や強度に瑕疵はなかったか、また練習場のオーナーが保険に入っていたのか。その辺を保険会社や専門家が調査してからでないと、撤去は難しい。また壊れた住宅の方も保険会社が調査する必要があるから、簡単には手を付けられない気がする。
  • 同意したくない住民の意見もまあわかるけど、ここは折れて欲しいなぁ……早く撤去したい人達は迷惑でしかない
  • あくまでゴルフ練習場側の負担を求める人が居るんかな?でもずっとこの状態っていうのもアレだろ。
  • 住民VSゴルフ場で裁判して白黒ハッキリとしたらエエんや、業者が出てきて話ややこしくなってるし
  • 結局、補償問題でうやむやにしたくない人がいるんだろうな。
  • 合意ないと やっぱり動けないよね
  • 無償でやってくれるっていう人がいるうちにやってもらったほうがいいでしょ。費用負担は後日損害賠償の裁判なりすればいい。
  • このままの状態で生活できないでしょ?先にやっても後にやっても争う争点は一緒でしょ?
  • ゴルフ場の責任者は、無責任だなぁ