森まさこ法相の辞任回避に黒川検事長の定年延長が関係?「茶番だ」炎上、ピンクのスーツにも非難集まる

9日の参議院予算委員会での質疑で、「東日本大震災の際に福島県いわき市から市民が避難していない中で検察官が最初に逃げた」などと答弁した森まさこ法務大臣に対し、安倍総理大臣は12日午後、会談で発言に対し厳重注意をしたことを明らかにしました。

「福島の検察官の品位を著しく落とした」として辞任を求める声が高まる中での辞任回避に、Twitterでは「検事長定年延長」の忖度を含めた「茶番ではないか」という声が上がっています。

森まさこ法相の辞任回避に検事長定年延長が関係?

今回の問題では、事実誤認を認めず私見を「事実」として発言したこと、また12日にもそれについての謝罪がなかった森法相の「責任意識・モラルのなさ」ことが問題視されています。

今回の厳重注意を受け、辞任を回避した理由はそれに見合う安倍政権への貢献=検事長定年延長の決定が関係しているのではないか、という噂が。

9日はどんな答弁だった?

今月9日の参議院予算委員会での質疑で、「東日本大震災の際に福島県いわき市から市民が避難していない中で検察官が最初に逃げた」などと答弁。

答弁の回答として成立しない他、事実ではない私見を含めたことが明らかになった。

11日の委員会で、答弁は個人の見解で不適当だったとして撤回。

なぜ答弁に個人の見解を持ち込んだのかは不明。野党側は、事実と異なり検察をおとしめるものだとして反発していた。

「茶番だ」炎上、ピンクのスーツにも非難集まる

国民が「大臣にふさわしくない」と糾弾される森大臣には非難される理由が。

それが黒川弘務・東京高検検事長の定年延長。定年延長により、安倍総理にとって優位な決定がなされることが危惧されており、社民党の福島瑞穂党首は「ありえない人事だ」と非難していますが、この問題に密に関わっているのがこの決定権をもつ森法相。

この問題に関し「個別の人事なので答弁を差し控える」と答え、未だ国民の納得いく説明がされていないのが現状のようです。

黒川弘務・東京高検検事長の定年延長の決定プロセスに関して質問した際、「個別の人事なので答弁を差し控える」との発言を繰り返した。一連の質疑で、その数は35回以上にのぼった。福島氏は「プロセスさえ明らかにしない違法な人事だ」と批判した。出典:毎日新聞

こうした経緯から、ネットでは「茶番」「口裏合わせだろう」という声が多く上がった他、

辞任しない余裕や反省のなさを思わせるとして、「ピンクのスーツ」にも非難の声まで
上がっています。