日本看護協会の要望書内容「期間は収束まで」強いネット「当然」「出すべき」

15日、日本看護協会(東京都渋谷区)が新型コロナウイルスをめぐり、看護職への危険手当の支給などについての要望書を2020年4月15日に提出したことが明らかになりました。

今回の内容は医療現場では十分な防護ができないままに患者の対応を迫られる医療従事者が、感染リスクの高い状況に身を晒しているだけでなく、保育所利用やタクシー乗車のなどでは謂れのない誹謗中傷を受けるなど、心身ともに過酷な状況に置かれていることから、その対価として危険手当などを支給するよう求めたもの。

これにネットでは「当然」「支持する」といった声が上がっています。

日本看護協会の危険手当て要望書「期間は収束まで」

日本看護協会が今回提出した要望書はこちら。

具体的には

・新型肺炎の感染者・疑いのある患者・感染者に対応する可能性の高い看護職、一人一人の個人に対し、危険手当を大幅に増額支給する

・上記に該当する看護師が帰宅せず宿泊する場合、1泊につき 15,000円まで宿泊費の補助(病院において費用を負担している場合 は医療機関に対して補助)

の2点を求めています。

その対象期間は「日本国内で初めて新型コロナウイルス感染力流認された日から、新型コロナ ウイルスの蔓延がほぼ終息したとして別に定める日まで」。

ネット、危険手当ては「当然」「出すべき」

これについて、ネットでは今回の要望書提出を支持する声、「リスクの大きさを考えたら危険手当だけではなく死亡補償もするべき」「カナダの様に最前線で働く医療従事者全ての人を対象にしてほしい」といった補償範囲の拡大を求める声も上がっています。