KingGnuがMステ「The hole」披露にファン歓喜「これは泣く」「沼落ち確定」放送前から話題に

来週2020年6月19日(金)よる9時(日本テレビ系)、ミュージックステーションにKing Gnuが出演し「The hole」を披露することが公式Twitterにより発表され話題になっています。

Mステの初出演からわずか1年余の間に5度の出演を果たし、多くの注目を浴び続けているKing Gnu。今回の披露曲「The hole」には早くも「すでに泣きそう」「これは多くの人が天に召される」などSNS上で衝撃と期待の声が上がっています。

KingGnuがMステ「The hole」披露

KingGnuがミュージックステーションに出演するのはこれで6度目。

今回披露するのは「The hole」。King Gnuのメジャー初アルバム『Sympa』(2019年1月16日発売)の終盤に収録されているバラード曲。リリースから1年以上経っても今なおファンの間で根強い人気を誇っています。

「The hole」は初アルバムの隠れた名曲

MVを監督した内山拓也氏は同曲には「人が恋をしていると実感できる、様々な“その瞬間”」が表現されていると解説。

映像では男性が2人の恋人を前に揺れ動く気持ちを見事に表現していますが、今回ステージで披露されるパフォーマンスではより一層心を揺さぶられることでしょう。

ーー今回のMVは、人が恋をしていると実感できる、様々な“その瞬間”を捉えようと、最初に曲から受けた直感的なイメージを大事にしながら物語りを紡ぎました。ーー
ー内山拓也(映画監督)出典:eyescream.jp

King Gnuとは

2013年デビュー。常田大希が中心となり、ボーカルの井口理など個性的で強烈なインパクトを与え続けるメンバーが人気の4人組ミクスチャーバンド。

レーベルはアリオラジャパン(2019年〜)バンドマンのビジュアルとは裏腹の繊細で美しい旋律と叙情的な歌詞の個性には並ぶものがいないと言われるほど、聴き手を独特の世界観に引き込む力がある。

ファン歓喜「これは泣く」「沼落ち確定」放送前から話題に

6回目の出演となるKingGnu。過去には次のような楽曲が披露されてきました。

過去出演と披露曲

「slumberland」(2019年2月22日)
「白日」(2019年4月26日/2019年12月27日)
「Teenager Foever」(2020年1月17日)
「どろん」(2020年2月14日)

ファンの間では「段階を追って沼落ちに誘っている」と過去の名曲の数々と今回の選曲に悶絶する声も。

MVに見るように、「好きな人のために自己犠牲を図る主人公、そして救われない主人公」を描いた深いバラード曲でもあり、心を掴まれる人が多い一方で、地上波で見ることがないと思っていたファンは多いようです。

Twitterではそれゆえか語彙力を失う人が多数。「これは全オタク、いや全員が泣く」「新しいKing Gnuが知れ渡ってしまう」「嬉しさで後1週間頑張れる」などと、ネットの反応が多数上がっています。

ネットの反応