貴州省で生後1ヶ月が新型コロナウイルスに感染・国内最年少の患者に

中国のニュースサイトPeople’s Daily Chinaは4日、”生後1ヶ月の乳児が新型コロナウイルスに感染した”ことを報じました。

同紙は地元の保健当局の発表で明らかになったと報じています。

生後1ヶ月が新型コロナウイルスに感染・国内最年少の患者に

出典:微博

保険当局の情報によれば、生後1ヶ月の患者はJiang Moumouという名前の女の子の赤ちゃん

渡航歴について詳細は不明。2月3日に新型肺炎の診断を受け現在は貴州省の貴州医科大学附属医院に入院しているものの、容態は安定していると言います。

患者6:江某某,女,1个月,外地来黔人员,现住贵阳市南明区花果社区。2月3日被诊断为确诊病例,目前在贵州省人民医院隔离治疗,病情平稳。

(日本語訳)患者6:1ヶ月の女性であるJiang Moumouが海外から貴州に来て、現在貴陽市南明区華国に住んでいます。彼は2月3日に確定症例と診断され、現在、貴州省の人民病院で安定した状態で隔離と治療を受けています。出典:微博「2月3日付、貴州省の新型肺炎の流行状況」

貴州医科大学附属医院は武漢から直線距離で900キロほどの距離。

保険当局の情報では海外に滞在歴があったことを示す記述もあり、感染経路の特定も急がれます。

子供の新型肺炎の患者の容態や経過は?

国家保健衛生委員会が4日に報告した会見では、子どもの感染自体は各地で報告があるものの、死者はおらず、重篤な例もないとのこと。

小児感染症の症例は比較的少なく、感染者の多くは家族間で感染した、もしくは渡航先で感染したといった例がほとんど。

ほとんどが早期に発見されるために現在は広がりを見せておらず、また症例も軽い、と言います。

中国国内ではこれまでに9ヶ月の赤ちゃんが最年少患者として治療を受けていましたが、手厚い医療環境のもとで治療を受け、今月2日、無事に回復したことが報じられています。

武漢でコロナウイルス陽性の赤ちゃんに父親が涙「心が張り裂けそうだ」Twitterで動画が話題に

2020年2月4日

感染者から生まれた赤ちゃんも無事

また3日には、新型肺炎の診断を受けた臨月の女性が健康な赤ちゃんを産み、赤ちゃんにウイルスの感染はなく母子ともに健康な状態であることが報じられたばかり。

このため、今回の生後1ヶ月の赤ちゃんについても順調な回復が期待できそうです。

国家保健衛生委員会は「子どもの全体的な感染状況は比較的軽微ですが、子どもがウイルスの影響を受けにくいという意味ではありません。 今後、さらなる観察が必要です。」と説明しています。