元農水次官の控訴の理由は?熊沢被告の弁護士の主張とネットの反応についても

今年6月に東京都練馬区の自宅で44歳の長男の殺人罪に問われた元農林水産事務次官熊沢英昭被告(76)の弁護士が25日、熊沢被告に対する一審判決を不服として控訴したことが明らかになりました。

被告は500万円の保釈金を支払いすでに釈放済み。

今回の控訴の理由、そして熊沢被告の弁護士の主張やネットの反応についてもまとめました。

元農水次官の控訴の理由は?

熊沢被告の弁護士に寄ると、今月16日に東京地方裁判所が下した、懲役6年の実刑判決について不服としていますが、詳細については現時点で不明。

1審で弁護側が執行猶予の付いた判決を求めていましたが、主張を退けられたことが原因ではないかと見られます。

1審で被告は起訴された内容を認め、被告の弁護士は執行猶予の付いた判決を求めましたが、東京地方裁判所は今月16日、「強固な殺意に基づく危険な犯行だ」として懲役6年の実刑判決を言い渡していました。出典:NHK

熊沢被告の弁護士の主張は

現在のところ、弁護士からのコメントはありません。

しかし、もともと保釈自体が異例の出来事。

被告に対する世間の反応は、保釈を機に変化が。

先日の500万円「殺人で保釈はありえない」「反省など見られない」などと厳しいコメントも上がり始めています。

ネットの反応