松屋のオリジナルカレー終了の理由はリニューアル?390円カレーの代替メニューはあるのか・・

27日深夜、牛丼チェーン大手の「松屋」が人気メニューのオリジナルカレーを終売することを公式ツイッターで明らかにし、話題になっています。

公式ツイッターでは
「松屋カレーショック。松屋の定番。オリジナルカレー。まもなく本当に無くなります。」「大変心苦しいのですが松屋オリジナルカレー。本当に終売です。食べおさめは今のうち」などと投稿。

松屋のオリジナルカレーのユーザーからは「一番好きなカレーだったのに」「ショックというより恐怖」とかなりショックを受ける声も。

今回はカレー終了の理由やリニューアルの噂・代替メニューについて調べてみました。

松屋のオリジナルカレー終了の理由はリニューアル?

今回のオリジナルカレー終了(終売)について、理由は明らかにされていませんが、

28日10時に「創業カレー(490円)の定番化」を正式に発表しています。

このことにより、ツイッターでは「事実上の値上げでは」という声が上っています。

松屋のオリジナルカレーといえば「390円で食べられ、しかも文句なしに美味しい」という口コミでもはや伝説化しているカレー。

牛丼屋でありながら、松屋ユーザーの中には毎日松屋のカレーを楽しみに来店するお客も少なくありません。

それだけに今回はまさに松屋の投稿通り「松屋カレーショック」といえそう。

390円カレーの代替メニューはある?

ネット上では「松屋はカレー屋だ」とも言わしめるほどカレーメニューに力を注いでいる松屋。

代替メニューはあるのでしょうか。

現在松屋が取り扱っているのはオリジナルカレー(390円)以外に、

味玉オリジナルカレー 並盛:470円

カレギュウ(熟成チルド牛肉使用verもあり) 並盛:560円/600円

ハンバーグカレー  並盛:600円

が用意されています。

今回、創業カレー:490円が復活することで事実上、このカレーが代替メニューになります。

「オリジナルカレー」は来月11日から順次販売終了。

手軽で美味しい「オリジナルカレー」はリニューアルの情報がないため、事実上創業カレーに取って代わる形となりましたが、「創業カレーは復活しないのか」期待していた人も多く、「カレーがなくならなくてよかった」ホッとする声もみられました。

ネットの反応