松嶋菜々子の長女の留学先や学校名は?現在通う英会話教室の情報についても

女優の松嶋菜々子さんが、2020年から女優を休業することが「女性自身」で報じられています。

その理由は長女の英国留学に同伴するためというもの。

夫の反町隆史さんとともに子育てに熱心な様子は度々報じられてきましたが、その二人が決めた長女の留学先とは?

留学先の情報や留学のために通っていると言われる英会話教室の情報について調べました。

松嶋菜々子の長女の留学先や学校名は?

長女の留学先についてはイギリスであることは間違い無いようですが、正式には留学先について公表はされていません。

しかし2016年の時点で、取材に対し「働きざかりのうちにたくさん働いて教育資金を蓄え、娘たちを世界最高峰のイギリスの名門バレエスクールに留学させたい」というプランを話していた過去があり、予定通りであれば将来世界的に活躍する人物となりそうです。

同誌が取材した松嶋の知人によると、どうやら働きざかりのうちにたくさん働いて教育資金を蓄え、娘たちを世界最高峰のイギリスの名門バレエスクールに留学させたいらしい。出典:ママテナ

以前より都内で通うバレエスクールや英会話教室で培っていたことが知られていますが、全てはこの計画のために進められていたようです。

世界最高峰のバレエスクールといえば、以下のようなスクールが候補に上がります。

ロイヤル・バレエスクール

世界最高レベルのバレエ教育機関として知られる、ロンドンのロイヤル・バレエスクール。1926年に前身となる学校が設立され、1956年にはイギリス王室から勅許を受け「ロイヤル」の名を付与されたました。長い歴史を持ち、国際的ダンサーを育成する学校です。出典:https://www.dance-abroad.com/

セントラルスクールバレエ

前校長ゲイリーン・ストック女史のもと、世界的にバレエ学生の憧れの学校となった英国ロイヤル・バレエ・スクール。 総合的にダンサーを教育するための英国最高の設備と指導者を誇る。世界トッププロのダンサーと舞台を共有し、ソロでは現役ダンサーから直接指導が受けられる事は、本校の大変大きな魅力となっている。出典:BalletNavi

反町・松嶋夫妻の知人が言う。

「上のお嬢さんはバレエをはじめとしたアートに興味があるそうです。また“正統派”とも評される英語を学べることから、留学先はイギリスに決めていると聞いています」

“娘には本場の英語を”、12年間温め続けていた計画はついに実行に移される。出典:女性自身

現在通う英会話教室の場所は?

2020年からの留学を見据え、松嶋さんは長女を有名バレエスクールと高額会費の英会話教室に通わせているとのこと。

英会話については、月に5万円もかかっていると報じられていますがいずれも教室については特定はできず。

一方で、高校生が留学を視野にハイレベルな学習を受けられる英会話塾は、以下のように候補が上がります。

Gabaマンツーマン英会話 月額32000円前後

サイトはこちら

・レギュラーコース:45回 351,450円(4回あたり31240円)

Berlitz(ベルリッツ)月額32000円前後

サイトはこちら

・マンツーマンコース:月額32000円前後(週1回計算)など

英語塾ENGLISH-X 月額50000円

サイトはこちら

・マンスリープラン(月4回):月額50,000円

など

などの名が上がります。

都内の名門私立小学校に通う2人の娘、は黒木瞳(56)や君島十和子(50)が子どもを通わせた有名バレエスクールでレッスン中とのこと。加えて月5万円ほどする英語塾にも通っているそうだ 出典:ママテナ

ネットの反応