トランプ大統領のメッセージ(2020/1/13)要約・和訳は?政権移行に言及も

アメリカ・ホワイトハウスは2021年1月13日(日本時間14日午前2時頃)、トランプ大統領の新しいメッセージを動画サイトに投稿。

20日に迫る任期を前に、その発言内容に注目が集まりました。

ここでは動画で語られた内容から、要点のまとめと和訳について記します。

トランプ大統領のメッセージ(2020/1/14)要約・和訳は?

ホワイトハウスが投稿した公式動画はこちら

Youtubeでの和訳は、右下「字幕」アイコンをクリック後、「設定」アイコンから「字幕>日本語(に翻訳)」を設定することで大まかな内容を把握することができます。

そしてこの動画をわかりやすい日本語で翻訳されたものが、次の動画です。

大事な部分を要約すると、

・先日の暴動についての非難と、冷静さを努めるよう指示

・20日に政権のスムーズな移行を目指しており、これを乱す者の暴力・法律違反・破壊行為は一切許さないと警告

・トランプ支持者のSNSの締め出しは「間違っており、危険」だと非難。

・「今必要なのは私たちがお互いに耳を傾けること」「お互いを沈黙させないために私たち全員が私たちの行動によって選択する」と国全体の利益を促進することに焦点を合わせるよう呼びかけ。

・次の政権についても言及?「パンデミックを打ち負かし、再建する奇跡のワクチンを届ける。」

・「私たちの国家安全保障を保護する経済と、今日私が求めている法の支配を支持する」

・「法の支配を支持する」と繰り返し言及

というもの。

政権移行に言及も

この動画は現在160万回再生されており、トランプ大統領の発言の真意について注目が集まっています。

最も注目されているのが、「新政権への移行」という言葉が本人の口から出たことで、それが「敗北宣言だ」という声、また「一時的に政権を渡し、軍の力によって法的に現況を覆す見込みだ」という声両者それぞれの解釈が上がっています。

いずれにしても、トランプ大統領の真意はさておき発せられたのは

・政権移行時に暴動を起こしてくれるな

というものであり、全ての国民に冷静になるように呼びかける動画となっています。

ネットの反応

1月20日まではまだ時間がある。本当に心が折れるのは、その時、バイデン就任宣誓の時でよいではないか(そうなればの話)。

ここ数日の彼は、国民に「とにかく今は家にいて大人しくしていてくれ」と繰り返し訴えているが、これを単に就任式に向けた暴動鎮圧のためだけのものだと受け取るかどうか、ということだ。

これも、いつもの皮肉をつけて報道されてしまうんだろうな〜。 想像つくよね。。 タイムリーにそのまま報道するだけでいいのになっ!

例えバイデンが大統領に就任してもそこで終わるわけじゃないのでは? トランプさんが長い戦いになると言ってたのは心を折られるなってメッセージだと自分は受け取ってます。