【悲報】森田健作知事の台風15号警戒中の行動が明らかに「私は一生懸命やっている」にネット「次はない」

2019年9月8日から9日にかけて千葉県を襲った「台風15号」の被災地への対応について、文春オンラインは9日、森田健作知事の当時の動静と周囲関係者らから見た「知事の素質」について記事を公開しました。

当時の被災地の復旧対応が大幅に遅れたことの原因の一つが、森田健作知事の防災対策と各市町村の首長との連携不足と言われています。

森田健作知事の台風15号警戒中の行動とその後の動静、世間の反応をまとめました。

【悲報】森田健作知事の台風15号警戒中の行動が明らかに

森田健作知事の8日以降の動静を時系列で追っていきます。

9月8日:気象庁が8日午前の緊急記者会見で『今は晴れていても夜には一気に世界が変わって猛烈な風や雨となるおそれもある』と記録的な暴風に対して警戒を呼び掛け。このような表現は異例とされる。

8日午後〜夜:東京・帝国ホテルで開かれた国際会議に出席・祝杯。

9日:多くの地域で台風の被害が報告される(停電・断水・家屋倒壊等多数)

〜9日:県内のほとんどの市町村は9日までに災害対策本部を設置

9日正午:千葉県知事、千葉市から打診された給水車の派遣を断る

10日までに多くの地域で停電・断水の報告(SNS上)。発電機不足のため家畜が餓死、農作物が枯れるなどの深刻な被害、物資不足が明らかになる。ボランティアや個人支援が動き出す。

10日9:00:県庁が災害対策本部を設置

10日:首都圏中央連絡自動車道建設促進県民会議に出席

11日:東京五輪関連の会議に出席

12日:姉妹都市の知事表敬訪問

12日:災害救助法の適用や県職員の現地派遣(同じ場所に派遣員が余剰状態になるなど、全く調整ができていない)

14日:初めて被災地の視察(台風が通過して5日後)、東電パワーグリット社長と面談「迅速な情報提供要望」

14日時点での千葉県知事コメント

  • 「東京電力には、不眠不休でやってもらうよう強くお願いしたい(第2回災害対策本部会議・11日)」
  • 「(対応遅れに対し)こう言うのは自然との戦い、想定通りには行かない」
  • 「それと同時に私はね、自治体も一生懸命やっております」
  • 「私本当に思っているんですけど、自然とは本当に予測がつかないんですよね」
  • 「県としてもそれなりに準備していました」
  • 「各自治体もこんなに大きい台風とは予想しなかったんじゃないかなと」
  • 「県としましてもしっかりと情報収集しながらやってきたつもりです」

台風通過から5日目に初めて被災地の視察を行うなど後手後手な県の対応ですが、実態はさらに深刻なものでした。

千葉県知事が発電機を半数貸し出しせず「要請なかったから」に市町村民呆れ・説明や謝罪求める声も

2019年10月2日

【台風15号 激甚災害指定】千葉県知事の独断独行に千葉市長が憤り「一緒に行けば現場の窮状をより具体的に説明できた」支援不足に不安

2019年9月20日

森田健作知事「私は一生懸命やっている」にネット「次はない」

こうした知事の被災時の一連の対応に対し、元鳥取県知事で、東日本大震災時に総務相だった片山善博氏は以下のようにコメントしています。

「県の第一の役割は状況把握です。私が知事だった2000年の鳥取県西部地震の際には、地震翌日に防災ヘリで被災状況を視察に行きました。そうすると、どういう状況か手に取るように分かるのです。

『市町村から要請がなかった』とか『人が足りなかった』と千葉県は弁明しているようですが理解不能です。住民対応で混乱する市町村から要請なんて来るはずがありませんし、県庁も全庁的な態勢で初動対応していれば人は足りたはず」出典:文春オンライン

またネットでは以下のように厳しいコメントも。

  • 4期目の当選はないでしょう。
  • ここまで仕事してない自治体トップも珍しいのでは。
  • 最近は何をしているのか分からないですね~次は無いと、考えて欲しいです。
  • この状況で続けていくには苦しいのでは?
  • ただ楽で給料がいいから知事をしているだけの道楽者だと思う。
  • 人に厳しく自分には優しく、県民には冷たく。
  • やはり千葉県民としては年内に辞めてもらいたい

現在も続く被災地の窮地に対し、森田知事は信用を回復できるほどの働きができるのでしょうか。

被災地の反応