ながら運転は一発免停・カーナビも対象!罰金と減点数・スマホ以外の取り締まり対象についても

2019年12月1日から施行される「ながら運転」の厳罰化。

ながら運転の厳罰化とは、自動車走行中にスマホや携帯電話を使用したり、カーナビを注視すること。

抵触すれば「携帯電話等使用違反」として現在の3倍〜の罰則が課されるほか、事故などとの結びつきがあれば「交通の危険」として一発免停も。

今回は罰則の対象となる行為・違反時の罰則についてまとめました。

ながら運転は一発免停・カーナビも対象で厳罰化

ながら運転による罰則は大きく分けて2つ。

  • 携帯電話の使用等(保持)
  • 携帯電話使用等により交通の危険を生じさせた場合

携帯電話の使用等(保持)

罰則:6月以下の懲役または10万円以下の罰金/違反点数:3点/反則金:大型は2.5万円、普通は1.8万円、二輪は1.5万円他

(改正前・・罰則:5万円以下の罰金/違反点数:1点/反則金:普通・二輪 6千円他)

違反行為に当たるのは以下のような例

携帯電話を保持

カーナビの注視「停車中やチラ見程度ならOK、2秒だと違反」

膝にペットを乗せながらの運転

両手を使って食事しながらの運転

携帯電話使用等により交通の危険を生じさせた場合

罰則:1年以下の懲役または30万円以下の罰金/違反点数:6点(一発免停)/反則金:反則という枠がない。すべてに罰則を適用。

(改正前・・罰則:3月以下の懲役または5万円以下の罰金/違反点数:2点/反則金:大型は1.2万円、普通は9千円、二輪は7千円他)

違反行為に当たるのは以下のような例

携帯電話を保持

カーナビの注視

膝にペットを乗せながらの運転

両手を使って食事しながらの運転

→これらが交通事故に結びついた場合(自損事故も含む)

酒気帯びの場合は一発免許取り消しになります。

出典:シンク出版「「ながらスマホ」の罰則等大幅に強化──12月1日施行」

「ながら運転」1日で103件が摘発される

来月の施行に先立ち、愛知県でながら運転の重点取り締まりを行ったところ、1日で103件が摘発されました。

今回の厳罰化については、TBS系番組「グッドラック」で髙橋和典(弁護士)「それだけ、ながら運転が危険であると社会的にわかってきたということです」とコメント。

改正後は「5万円以下の罰金か3カ月以下の懲役」だった罰則が「30万円以下の罰金か1年以下の懲役」の6倍の厳罰となり、事故に結びつかない場合でも「罰則:5万円以下の罰金」から「罰金10万円以下か懲役6カ月以下」と2倍以上の厳罰となっています。

番組内ではコメンテーターから「スマホ依存症そのものが怖い」という声もあり、厳罰化の背景にある依存体質を見直す必要も指摘されています。

坂口香澄弁護士によると、これまで「5万円以下の罰金か3カ月以下の懲役」だった罰則を「30万円以下の罰金か1年以下の懲役」に改正、事故を起こしていないケースでも罰金10万円以下か懲役6カ月以下の可能性があり、反則金も現行の3倍「1万8000円以下」に引き上げられる。

髙橋和典(弁護士)「それだけ、ながら運転が危険であると社会的にわかってきたということです」

岩清水梓(元なでしこジャパン)「メールや電話がくると、つい見てしまうことがあるかもしれません」

玉置妙憂(僧侶、看護師)「ここまでいわれながらもスマホを見てしまう依存症そのものが怖い」

出典:J-castニュース

12月の施行前に、今一度注意が必要です。

ネットの反応