元農水次官に懲役8年は重すぎるの声・息子(栄一郎)の暴力や家庭崩壊の様子に同情も

6月1日、東京都練馬区の自宅で44歳の息子を刺し、殺人罪に問われている熊沢英昭被告(76)・元農林水産事務次官の裁判員裁判が13日開かれ、検察側から懲役8年を求刑されたことが明らかになりました。

熊沢英昭被告は息子栄一郎さんに対し「恐怖の中、自らの命を守るため手をかけた」と主張していますが、論告では「長男は被告を尊敬していたのに、突如命を奪われた」と厳しく非難。

一方で、ネットでは熊沢英昭被告に同情し「計量が重すぎる」などの声も上がっています。

元農水次官(熊沢英昭被告)に懲役8年は重すぎるの声

熊沢英昭被告に対する論告で検察は

強い殺意で一方的に攻撃した

長男は被告を尊敬していたのに、突如命を奪われた

と非難。

一方で、「息子・栄一郎さんの家族への振る舞い」で家庭崩壊が起きていたという話も報じられており「被告の気持ちもわかって辛い」「この状況下で8年求刑は重すぎる」「情状酌量を願います」などの声が上がっています。

検察側は論告で、長男英一郎さんは5月25日から被告と同居し、翌26日には被告に暴力を振るったとした。・・「発達障害だった長男に親身に対応してきたのに失望感を持ち、殺害を考え始めた」と述べた。

その上で、英一郎さんの傷は36カ所を超える一方、被告はほぼ無傷だったと指摘。「強い殺意で、隙を狙い一方的に攻撃した。長男は被告を尊敬していたのに、突如命を奪われた」と非難した。

弁護側は「5月26日の暴行を思い出し、自らの命を守るためとっさに事件に及んだ」と反論。「献身的にサポートしており、直前まで殺害は考えていなかった」と訴えた。出典:JIJI.com

息子(栄一郎)の暴力や家庭崩壊の様子に同情も

被告にここまで同情の声が上がるのは、以下のような家庭環境があったためでもあります。

息子(栄一郎)の暴力や傷害未遂で娘は自殺、妻はうつ病に

事件当時、息子の栄一郎さんが原因で被告の妻はうつ病にかかり、娘は自殺していました。

事件前、息子の栄一郎さんは大学を中退。家族の伝手で一度は就職するもうまくいかず、医師と連携を取りながら息子の生活面を支えていました。

発達障害であった栄一郎さん。職場との不和の際には医師らと協力して、職場に危害を加えようとしていたことがあったと言います。

しかしトラブルは続き、その後息子が同居を開始すると、翌日から母(被告の妻)への家庭内暴力が。

被告の妻:

「(自分は)肋骨にヒビが入ったり、顔に青あざ、鉛筆の芯を思い切り手に突き刺したりもありました。」

「兄(英一郎さん)の関係(原因)で、縁談があっても全部消えた。(娘は)それで絶望して自殺しました。」出典:FNNプライム

事件当日、小学校で行われていた運動会の音に腹を立てていた

その後、再び家庭外の人に対し危害を加える様子が見えたと言います。

・・「ごみを捨てろと言いやがって」と言って襲われました。髪をつかまれてサイドテーブルのところまで引きずられました。必死に逃げました。でも玄関まで追いかけられて、ドアやコンクリートにたたきつけられました。

ーーその間、何かが言っていましたか?

「(英一郎さんは)「殺してやる」と叫び続けていました。」

それから6日後、英一郎さんは隣の小学校で行われていた運動会の音に腹を立てていたという。

「目が合うと、形相が暴行の日を思い出す形相でした。「殺すぞ」と強い声で言われました。私は本当に殺されると思いました。」

「無意識に包丁を取りに行きました。そのまま小走りで息子に向かいました。そのまま息子の胸あたりを刺しました。」出典:FNNプライム

栄一郎さんの主治医は12日の裁判で「熊沢被告は息子の面倒を大変よく見ていました。主治医の私に連絡をくれれば良かったと思います。そこで可能性を検討して、しかるべく対処法をお知らせできたと思います。」とコメント。

しかしこうした家庭内の様子から、「大切な娘を失い、妻を暴力から守れなかった親・夫ながらの苦悩、社会的な責任感を感じていたのではないか」という意見は未だ多く、不幸な事件だと言われています。

ネットの反応

殺人は許されない事だと分かっているけど、この事件に関してだけ言えば懲役8年は長い感じがしてしまう。。。

執行猶予の判決を出しても死ぬまで苦しむ続けるのは間違い無いから、夫婦で余生を過ごせる様に出来るだけ寛大な判決を望みます。

とても心が痛むな~殺害は絶対いけないと思いつつ、父親の苦労を考えると息子を殺めた辛さとホッとした自分がいるのかもしれないと思うと何とも言えない

情状酌量の余地があると思う。殺人を是認する気はないが父親が殺害しなかったら殺されていたかも、もしくは他人に危害を加えていたかもしれない。
何にせよエリート官僚を務める裏で家庭的には最悪な状態だったと思う。
実刑は免れないとしても寛大な判決を望みたい。