岸野尚史容疑者の「前科」とは?「俺コロナ」他の逮捕者の処罰はどうなる

愛知県名古屋市の家電量販店で今年3月「俺コロナだよ」と店員に虚偽の話をし店側を業務停止などに追い込んだ派遣社員岸野尚史被告(43)に対し、名古屋地裁は26日、懲役10月(求刑懲役1年6月)を言い渡したことが明らかになった。

今回の判決に「やっぱり厳しいな」といった声も上がる一方で、判決理由には「複数の前科があり、相応の実刑に処するほかない」という理由が含まれていた。

岸野尚史被告の「前科」とは?また愛知県内で多発した他の「俺コロナ」逮捕者の処罰は?

岸野尚史容疑者の「前科」とは?

威力業務妨害罪に問われた同区の派遣社員岸野尚史被告(43)。

26日、懲役10月(求刑懲役1年6月)を言い渡された際に田辺三保子裁判官から「”複数の前科があり、相応の実刑に処するほかない”と判断した。」と言い渡された。

岸野被告の前科について報じられたニュース記事はサイト上での記録jはなく、詳細を窺い知ることはできない。

ただしSNSでは次のような同姓同名の人物による事件も報じられており、同一人物ではないか、とも噂されていた。

逮捕時の状況

逮捕容疑は29日午前11時15分ごろ、中村区内の家電量販店で接客した男性店員らに「俺コロナだよ。コロナだよ」と叫び、消毒作業をさせるなど店の営業を妨げた疑い。岸野容疑者は買い物のため1人で来店した。署員が防護服を着て対応するなど、店は一時騒然としたという。出典:zakzak

名古屋市中村区の家電量販店で店員に「俺コロナ」と言い営業を妨害したとして、威力業務妨害罪に問われた同区の派遣社員岸野尚史被告(43)に、名古屋地裁(田辺三保子裁判官)は26日、懲役10月(求刑懲役1年6月)を言い渡した。

 田辺裁判官は判決理由で、当時被告は酒に酔っていたと指摘。新型コロナウイルスの感染拡大が深刻な社会問題となる中で「発言は店だけでなく社会全体に大きな影響を与えた」とし、「複数の前科があり、相応の実刑に処するほかない」と判断した。

 弁護側は「冗談のつもりだった」として寛大な判決を求めていた。出典:共同通信

「俺コロナ」他の逮捕者の処罰はどうなる

複数の前科があったために上記の刑量となった岸野尚史被告。

では他の逮捕者についての処罰はどうなっていくのか。

「俺コロナ」で出た逮捕者は全国で18件あるが、愛知県内で起きた7件で見ていくと威力業務妨害または脅迫という罪状がつき、容疑者死亡により書類送検された一件を除いては起訴・公判中が3件、操作中が3件。

いずれも密集した場での行為であったために店などの休業を強いられ、数百万円以上の損害が出ている場所もある。

事件があった家電量販店やマッサージ店、公共施設などは、いずれも消毒などで一時業務ができなくなっている。

さらに風評被害などの二次被害も考えればその迷惑行為は野放しにはできないと見られるが、現時点では今回の判決が全国初で決定した「俺コロナ」の男の顛末であり、他の逮捕者も後に続く可能性は高い。

 

威力業務妨害罪:3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

脅迫罪:2年以下の懲役又は30万円以下の罰金

ネットの反応