#札幌disに北海道からも反応「わからなくもない」「報道番組は許さない」五輪マラソン開催地の変更で

今月1日、小池都知事が「合意なき決定として」IOC(国際オリンピック委員会)の要請に基づき札幌での実施決定を表明した件で、昼の報道番組「ミヤネ屋」での宮根誠司アナの発言が「札幌をバカにしている=札幌dis」とネットで炎上している問題。

これについて北海道民や北海道を知る人々からは、「バカにするな」という批判のほかにも「とばっちりだよなぁ」「わからなくもない」といった冷静な反応、様々な声が上がっています。

北海道愛を感じる様々な意見をまとめました。

【#札幌dis】北海道民・北海道を知る人々からの反応

札幌や北海道を知る人々からは、非難の声や冷静意見する声、様々なコメントがツイッターに上がっています。

「北海道に対して謝って」批判の声

マラソンはオリンピックの象徴競技だから、「東京は暑いからマラソン無しね~」ってIOCに言われたら開催地としては大恥じゃん。それを助けた札幌をdisるとは・・・

元道民としてとても悲しいし、呆れた。で、どーせいざマラソン行われたら「いやー雄大な景色と良い気候の中走れるなんて幸せですねー」とか言うんでしょ。

批判も過ぎると彼らと同レベルになってしまう。それは勿体ない。 無視だ、無視。勿論、万一謝ったって、許さない。

発端はミヤネ屋か。なんか納得。正直、あの番組は嫌いだ。

「北海道の悪口に反応しなくてもいい」冷静な声

まあ札幌にとってはとんだトバッチリだわなあ。 東京には東京の素晴らしいところがいっぱいあるけど、札幌だって素晴らしい所がいっぱいあるんだけどな。方向性が違うだけなのにさ。

disるのはアレやけど、文句言ってる人らは北海道マラソン走ってみたら良い。いわゆる大都会札幌からスタートして20キロ手前から10キロくらい新川通りを走るわけだが、なかなか精神的にしんどい。でも空気はおいしいよ。

東京で開催できなかった悔しさを札幌を蔑むことで解消しようとする人は、自分を優位な立場に置くために周りの人間を貶めようとする人の思考と同じだから、つまりそういうことです。

札幌disはなんもいいんだけど、心配なのはIOCが札幌と道に経費押し付けそうなところ。オリンピックやれば収益見込めるのは分かるんだけど、地方都市の財政なんてカツカツなんだから搾り取るのはやめとくれ。

開催地をディスる前に色々問題がある、という声も。

そもそも札幌disとは

【札幌disとは】

1日放送の番組「ミヤネ屋」で「この新川通、ずーと直線でなんにも無いじゃないですか」「東京だったら色々名所を言いながら実況できる」といった、東京と比較して蔑んだ言い方をしたとされる問題。


宮根「北海道は青い空と緑の木それを延々と繰り返すしかない」

宮根「この新川通、ずーと直線でなんにも無いじゃないですか、日陰も無くて」

宮根「その場所行くの大変なんでしょ?(マラソンコース)」

リポーター「この場所に来るには最寄り駅から30分40分くらい」

宮根「そんなとこ行くかーー!!??」

宮根「東京だったら雷門が見えてきましたとか東京タワーが見えてきましたとか」

宮根「色々、名所を言いながら実況できるわけですよ」

宮根「これどう実況する?まっすぐで何にも無いとこ」

宮根「平坦な道で退屈ですね」

宮根「IOC○○先生なら説得できるんじゃないですか?」出典:NEVERまとめ

札幌開催変更のストレスが札幌に?コースだけでなく日程も変更になる可能性

札幌disが問題視される一方、大会組織委員会では、コースの承認を目指すIOC理事会までおよそ1か月しかないために早急な準備・施設の整備や運営の再構築が迫られています。

さらに現在、IOCからの提案を巡ってはコース以外でも変更が迫られる可能性も。

変更が加えられる可能性があるもの

  • マラソンの日程変更案(10月31日:出典:日刊スポーツ)
  • 他競技の開催地・開催日時の変更/「陸上以外の競技についても、暑さ対策への疑問の声が出ている(IOC理事長談)」(10月25日:出典:産経新聞)

競技会場を札幌市へ移す案が浮上している2020年東京五輪のマラソンと競歩以外の競技についても、「暑さ対策に課題が残る」と問題を提起していたことが29日、都関係者の話で分かった。コーツ氏は具体的な競技名には言及していないが、大会組織委員会の関係者によると、トライアスロンやマラソンスイミング(男女10キロ)で暑さ対策が課題に上がっているといい、都関係者も懸念を示している。

コーツ氏は「われわれが(東京で開催できるよう)そうした声を抑えている」と強調しているものの都関係者は「他の競技についても、他会場で開催される恐れがある」と不安視しています。(10月25日:出典:産経新聞)