【群馬県 スノボ不明】中3男子の発見場所は?天神平スキー場で1日行方不明も、無事保護

11日午後0時45分頃、群馬県みなかみ町の天神平スキー場のコース外で父親と共にスノーボードをしていた男子中学生(15)が行方不明になっていた事故で、12日14:00頃、無事保護されたことが明らかになりました。

当時、通報したのは一緒に滑っていた父親。12日は午前7時から県警がヘリコプターなどで捜索を続けていました。

連日スキー場のコース外での事故が多発しており、男子の安否が心配されていました。

【群馬県 スノボ不明】中3男子の発見場所は?

現在発見場所は明らかになっていません。

現在までに12日の13時前に発見されたことが報じられています。


詳細が明らかになり次第追記していきます。

不明当時の状況

男子が行方不明になった場所はみなかみ町の谷川岳天神平スキー場近くのバックカントリー。

父親が先に斜面を降り、谷川岳ロープウェイの天神平駅付近で男子を待っていたものの、男子が降りて来ず通報したと言います。

 

男子生徒は父親(47)とコースの外を滑るバックカントリーをしていたということです。  11日午後1時前、みなかみ町の谷川岳天神平スキー場近くで「息子が下りてこない」と父親から通報がありました。出典:ANNnewsCH

午前11時ごろ、父親が先に滑降し、谷川岳ロープウェイの天神平駅付近で待っていたが、中学生は姿を現さなかった。中学生が所持する携帯電話は圏外で、トランシーバーもつながらないという。12日早朝から捜索を再開する予定。現場は時折吹雪になり、視界が悪かったという。出典:朝日新聞

バックカントリーとは?

バックカントリーとは、山野のうちレジャー用に整備された区域外のエリア。一般的に手付かずの自然が残っているエリアを指す。キャンプ地やスキーの滑走場所として滑走することについて規制は少ない(wikipedia)というが、谷川岳天神平スキー場では立入禁止区域閉鎖されたコースなどには立ち入らないよう注意されていた。

バックカントリーでの滑走は「振りたての雪を踏みしめる音、”誰も滑っていない、自然のままの山を滑る楽しさを味わえる”」と楽しみ方を伝えるサイトもあるほど人気があることが伺える。

谷川岳天神平スキー場では、注意事項として以下のようにルールが明示されていました。

・立入禁止区域、閉鎖されたコースには立ち入らないでください。
・ロープは絶対にくぐらないでください。
・スキー場パトロールの指示に従ってください。
・管理区域外は国有林となり安全管理はなされていません。また区域外での事故等に関してスキー場管理者は、一切の責任を負いません。
・管理区域外で発生した事故等で捜索救助を実施の場合は、当該費用を当事者に請求を致します。
・ルールに従わない場合は、チケット没収の上退場して頂きます。出典:谷川岳ロープウェイ

不明事故が続く「バックカントリー滑り」にネット苦言

バックカントリーでの滑走は、一般的にスキー場では認められていません。身の安全が保証されず、万一の時にも救出が困難なケースも考えられます。

北海道羊蹄山では、同様にスノーボードをしに行った札幌市に住む30代男性が行方不明となり、およそ3時間の間24人態勢で捜索を行い発見できましたが、死亡が確認されています。

ネットでは「バックカントリー」と呼ぶことにも気軽さがあり、滑走による不明・死亡事故がなくならないのではという意見が多数上がっています。

ネットの反応