外池快太郎(といけかいたろう)の顔画像や経歴は?盗撮相手に追いつかれ逮捕・元ウルトラマラソン選手

愛知県警が4日、電車内で女性を盗撮したとして、外池快太郎(といけかいたろう)容疑者を逮捕した事件。

事件当時、被害に気づいた女性が追いかけて取り押さえ、署員に引き渡したことが話題になっています。

容疑者は元ウルトラマラソン選手で現在は自称会社員とのこと。

外池快太郎(といけかいたろう)容疑者の顔画像は・また経歴についてもまとめました。

外池快太郎(といけかいたろう)の顔画像や経歴は?

今回逮捕された外池容疑者。同容疑者が紹介されている「ウルトラランナーへの道」では、世界4位の戦績を持つ優秀なマラソンランナーであることが記されています。

氏名:外池快太郎(といけかいたろう)

職業:会社員

経歴:

2012年に入社

2013年の年始に一念発起してダイエット開始

2016年サロマ湖100キロウルトラマラソン4位

2016年IAU100キロ世界大会日本代表・8位

「(ウルトラランナーへの道より)陸上経験どころか運動が苦手で部活にも入っていなかったスポーツとは無縁の生活が、ダイエット目的で始めたランニングにより、人生を変えました。初心者ランナーが、たった数年で100キロ世界選手権日本代表へ!」

愛知県警春日井署は四日、電車内で女性の下半身をスマートフォンで撮影したとして、県迷惑防止条例違反の疑いで、自称名古屋市西区名駅二、会社員外池快太郎(といけかいたろう)容疑者(33)を現行犯逮捕した。

逮捕容疑では、同日午前七時五分ごろから同三十分ごろにかけ、名古屋駅から愛知県春日井市の神領(じんりょう)駅に向かうJR中央線の車内で、向かいに座っていた女性(22)の下半身を撮影したとされる。

署によると、外池容疑者は容疑を認めている。女性が気付き、問い詰めると「ごめんなさい」と認めたが、神領駅で降車後に逃走。女性が追いかけて取り押さえ、署員に引き渡した。

外池容疑者は二〇一六年にスペインで開かれたウルトラマラソンの「IAU100キロ世界選手権」に日本代表として出場し、八位に入った出典:東京新聞

盗撮相手に追いつかれ逮捕・処罰は

今回の逮捕で有罪となった場合、犯人には以下の刑事罰が課される可能性があります。

電車内での盗撮のため、「迷惑防止条例違反」が適用されると見られ、愛知県の場合『一年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する』とされています。

愛知県では盗撮被害などの迷惑行為やストーカー被害が増加・高止まりを続けており、平成30年には法の改正も。

才能ある人物であることは間違い無いものの、ネットからは「たまたま盗撮犯がマラソンランナーだっただけ」「残念なオチ」というコメントが寄せられています。

ネットの反応