土浦花火大会(2019年)動画「ヤケクソで大草原」なフィナーレが話題・事故で一時中止もラストまでやりきり観客を圧倒

2019年10月26日、茨城県土浦市で開催された日本三大競技花火大会の一つ「土浦花火大会(土浦全国花火競技大会)」が開催され、そのフィナーレがすごいと話題です。

今年は昨年に引き続き2度目の花火事故(成人男性1人が怪我)が起きており1時間の中断になっていました。

その後予定より1時間遅れて再開すると、「まるでヤケクソ」のような花火の連発で、圧巻のフィナーレに。(正式にはフィナーレは中断、通常のスターマインのみ)

今回は土浦花火大会(2019年)の動画と共に、ヤケクソ?な花火大会の裏側をまとめました。

土浦花火大会(2019年)動画「ヤケクソで大草原」なフィナーレが話題

2019年の土浦花火大会の動画はこちらです。

土浦花火大会プログラム(PDF)

ヤケクソと言われる理由と執念がすごい

実は今回の土浦花火大会では花火の落下による安全確認のため、3度の中断がありました。

最終的に本部の判断で「フィナーレは中断」でしたが、3度目の中断後に再開された花火はそれまでと様子が一変、ほぼフィナーレの状態だったといいます。

すでに前日の大雨による浸水被害で会場は最悪のコンディション。

その背景には昨年の事故による中断や浸水被害を踏まえて「何が何でも完遂したい」という思いだったのでは、と運営の心情を理解する声もありました。

みんなの感想・来年への課題も