神奈川県が山北町の給水支援を断り賛否・真相は?「自衛隊の見切り発進」「町の連絡不足」指摘の声も

台風19号の影響で断水被害を受けた神奈川県山北町で、到着した自衛隊の給水車が町民に届けられず捨てられた、という話が話題になっています。

週刊「ゲンダイ」によれば「県は、県民の安全よりも、ちっぽけなメンツを優先させた」行為だというものの、なぜそのような事態になったのかについては経緯が不明な部分も。

現在県に対する多くの非難が寄せられている一方での反対意見、そして今回の問題点についてまとめました。

神奈川県が山北町の給水支援を断り賛否・真相は?

今回の問題について週刊「ゲンダイ」は次のようにまとめています。

12日夜、神奈川県山北町で断水。

町長「前夜から断水が発生しており“どうしようもない状況”」と判断。

約20キロ離れた駒門駐屯地(静岡県御殿場市)陸上自衛隊に「翌日(13日)に給水車の要請をするかもしれない」旨を連絡。

13日朝4時:自衛隊から「県知事から防衛相に自衛隊の派遣要請をする必要があります。町は県に依頼してほしい。自衛隊としては、給水車3台を午前6時に出発させます」と連絡。

その後町の防災課が県に依頼すると「自衛隊の派遣要請はどうしようもなくなった時の最終手段。しかし山北町の状況は該当しない」と給水を固辞。

午前7時前に給水車3台が到着するも、受け取れず廃棄。

町長のコメントは

「前夜から断水が発生していて、“どうしようもない状況”でした。午前7時に給水車3台が来てくれて、目の前に水があるのに、なぜ捨てなければいけないのか。いろいろと手続きがあるのは承知していますが、ケース・バイ・ケースで対応できないものか。県民が困っているのですから」

と、県に柔軟な対応を求めています。

ネットでも「こんな知事だったのなら一票入れなかったな」「大災害の時に県民よりメンツ?」といった非難。

一方、県が受け入れ拒否した理由「県知事から防衛相に自衛隊の派遣要請をする必要性」にも理由がある、という反対意見も聞かれます。

町の給水支援を拒否の真相は

県が町の給水支援を断った背景には、以下のような自衛隊のマニュアルが優先されるべき理由があるためと言えそう。

その上で今回の問題の原因となりそうなのが

  • 町が県よりも先に自衛隊に(実質)要請をしたこと
  • 自衛隊が県の要請を待たずに給水車を出したこと

この2点。

これについては規定上、手順を適用しなかったことで言えば「県側の調整を待つべきだった」とも言えなくはなさそうです。

これについてはネットでも「マニュアルを遵守することが混乱を避けるためなのでは」「例外が適用されると争奪戦が起きる」などといった意見も。

決められたマニュアル対応をする県側も、緊急時にいかに早く市民の安全を確保するか・自治体の要望を正しく判断し迅速に対応できるかどうか、注目が集まりそうです。

ネットの反応