コンビニで「増税前より安くなる」買い物の仕方とは?キャッシュレス還元と軽減税率還元を利用で増税の実感がない件

2019年10月1日から消費税10%が施行され、Twitter上では0時を待ってコンビニを訪れた客らによる「買い物レシート」の投稿が相次ぎました。

今回の増税の特徴的なのが「軽減税率」や「キャッシュレス還元」。例えば「食品は8%だけど酒類は10%」「日用品は10%」「外食は10%」「現金ではなく電子マネー払いなら2%引き」といった風に税率が商品によって変わる複雑な税率計算に。

しかしその複雑さ故、買い方によって「増税前より安くなる」と話題になっています。

コンビニで「増税前より安くなる」買い物の仕方とは?

「増税前より安くなる」買い方でもっともわかりやすいのが軽減税率対象の「食品」をキャッシュレスで購入する」こと。ただし、コンビニなどのフランチャイズ店でなら、という条件はつきます。

詳しくは→こちら「消費者が負担する実質的な税率は「10、8、6、5、3%」の5通りもある」

飲食料品などの消費税率を8%に据え置く「軽減税率制度」では、酒類・外食・イートインを除けばキャッシュレス(SuicaやPayPayなど)支払いを行うことで−2%となり、増税前よりも安く買えることに。

キャッシュレス還元の効果の一方で「不公平」の声も

軽減税率がで起用されない日用品も「キャッシュレス還元」を受けることによって増税の負担を免れるので、「買いだめしなくてもよかったかも?」といった声も少なくはありません。

さらにamazonや楽天等ネットショップなどでは「5%ポイント還元」が受けられる場合もあるので、増税後に経済的負担を減らしていくには

「キャッシュレス還元」や「(amazon等小売店での)ポイント還元」

を駆使していく必要があります。

上手く利用すれば、増税前に問題となっていた女性の「生理用品」ベビー用の「オムツ」なども経済的負担が減ることに。

しかし一方でキャッシュレスに馴染まない人には戸惑う声も多く、軽減税率の対象商品の選定に「不公平」、という声も。

実質的に特に高齢者やネットに馴染みのない人が最も税金を収めることになり、「弱者ばかりが不利益を被る」状態になり、「せめて高齢者や幼児の日用品はポイント還元などしないで8%据え置きにして。欲しい」という声が少なくありません。

ポイント還元の裏では、増税の影響をダイレクトに受け困っている人も多数いるようです・・。