【千葉県 市原市】台風15号被害の画像と動画・地域の声まとめ(9月17日現在)不足物資とボランティア情報も

2019年9月9日に関東地方を襲った台風15号の被害状況が徐々に明らかになってきており、現在もライフラインが復旧しない地域が受けた被害の大きさが「激甚レベル」もあることがわかってきました。

その中でも現在も数万世帯でライフラインがストップしている千葉県「市原市」を含む地町村の被災状況が深刻でニュースにも上がらない、と話題になっています。

各所、急ピッチで復旧作業が行われていますが市原市は現在も6200世帯が停電中(17日12:00時点)。家屋や農業用ハウスの被害は全容が把握できないほど深刻で、今後の住民の生活環境も不安視されています。

ツイッターの情報を元に、現在の千葉県市原市の被災状況をまとめました。

【動画と画像】台風15号の被害状況や被災者・地域の声まとめ


【千葉 市原市】台風15号被害の画像と動画

 

2時間待ち位かな?#台風ゴミ#福増クリーンセンター#市原市 pic.twitter.com/EO2ZHafEsO

— なかじ。 (@nt3800) September 14, 2019

地域の声まとめ(9月17日現在)今不足している物資・必要物資は?

市原市中心部では物資不足が徐々に解消されたとのことで、17日現在は、市原市は個人からの物資受付は受け付けはしていません。

一方で、山間部の停電や生活状況は依然ひどく、市原市の住民の方々からは「情報がない」「(他市に比べ)支援が少ない」「市原市民が要支援者に向け支援を行なった」「市は情報収拾できていない」など、不満の声も聞かれます。

市原市公式HPは→こちら

食料や水の配布などについて

移動販売について販売日時や場所

現在不足しているもの(市民の声)

  • ブルーシート
  • ブルーシートをかける人
  • 復旧のための職人・機材
  • 片付け・復旧のための人手
  • 土壌嚢
  • 道路整備(倒木・土砂が復旧の遅れに繋がっている)
  • 水(飲料・生活用水)
  • 電気
  • 子供向けの食べ物(栄養価の高いもの)

また、「もっとも困っていることはブルーシートとリフォームの専門家が不足していること」も聞かれます。

地域差がありますが、一刻も早く衣食住の復旧が急がれることを願います。

https://niconews55.com/tenki201909

現在の市原市のボランティア状況

現在、市原市ではがれき除去や高所作業のできるボランティアふるさと納税での義援金を募集しています。

市原市公式HP→こちら

市原市社会福祉協議会のホームページ→こちら

ふるさと納税での寄付は→こちら

【ボランティアを募集します(市内在住の方のみ/20名限定)】
内容:室内清掃、がれきの片付け、机の移動等
活動日時:9月17日(火)10時00分〜15時30分予定(集合時間:9時30分)
集合場所:災害ボランティアセンター(南国分寺台4-1-4)
持ち物:軍手、昼食、飲料水、動きやすい服装
注意事項:自家用車を出せる方歓迎
20名を超えた場合、待機いただく場合がございます。出典:災害ボランティアセンターからのお知らせ

市原市は、ボランティアのニーズを調査していて、必要と判断した場合は、市原市社会福祉協議会のホームページでお知らせを出すとしています。出典:NHKニュース