竹本直一IT相の4月14日会見動画は?「しょせん民間の話」はんこの弊害指摘に大炎上に

14日に都内で行われた記者会見で、「はんこ文化を残す」取組を推奨しているIT大臣が不適切な発言をしたとして、ネットで炎上する騒ぎに。

その民間と大臣との意識の食い違いぶりがあまりにひどいために「即刻日本からハンコを消滅させろ」「いますぐ大臣を辞任してください」といった怒りの声が上がります。

竹本直一IT相の4月14日会見動画は?

問題となっている会見動画はこちらで確認できます。

炎上発言は、テレワークにおけるはんこ文化の弊害問題での会見でのこと。

在宅勤務と外出自粛要請が進む中、書類の承認で印鑑が必要となり出社を余儀なくされるケースが後を立たず、複数の仕事への支障が報告されています。

これについて竹本直一IT相は4月14日の記者会見で「役所との関係ではそういう問題は起きない」「しょせんは民・民の話だ」と発言したことから炎上に発展。

ー書類に決裁印が必要などの理由から出社せざるを得ないケースが課題となっている。竹本氏はこの日の会見で、役所の届け出はデジタル化が進んでおり、「役所との関係ではそういう問題は起きない」と説明。「しょせんは民・民の話だ」と語った。出典:朝日新聞

竹本氏はIT担当大臣という役の元「行政手続きのデジタル化」を担うとされているものの、はんこ制度の撤廃については「デジタル化との共存」で対応していくとしていました。

一方で「日本の印章制度・文化を守る議員連盟」(はんこ議連)の会長も務めていることから、はんこをなくさないのは「利権がらみではないか」という見方も根強く残ります。

ただし、動画と朝日新聞記事ではニュアンスが違う?という声も上がっています。

少なくとも「言葉に責任を」という意見では同意見が多い様です。

ネットの反応