木村花にアンチが増えた理由は?テラスハウス関係の誹謗中傷が追い詰めたとの噂

女子プロレス「スターダム」に所属するプロレスラー・木村花さんが23日に亡くなったことが報じられた事件で、ネットでは木村さんのSNSの履歴から「アンチコメントにより精神的に追い詰められた上での自死」との見方が強まっています。

木村さんは昨年〜今年春にかけ収録された恋愛リアリティショー『テラスハウス』最新シーズン「TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020」に出演。その中での言動で「アンチ」が生まれたとも言われています。

木村花にアンチが増えた理由は?

木村花さんのTwitterにはテラスハウスの出演で有名になって以降、誹謗中傷の声が少なからずみられるようになりました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

💛🐒🐒💚 #terracehouse #tokyo #♡

木村花(HANA)(@hanadayo0903)がシェアした投稿 –

その理由としてあげられるのが

・嫉妬から参加女性へのマウント(恋敵にマイナスな情報を与える)

・ふられた腹いせで相手の陰口(金銭感覚を否定)

・気持ちの切り替わりの早さ(振られてももう他の男性に好意)

・大事にしていたユニフォームを洗ってしまったメンバーを、自分の非も押し付けて全力で引っ叩き、暴言を浴びせた(これにより快が脱落)

・謝罪するメンバーにも終始上から目線

と言ったことなど。(30話〜40話)

特に、「ユニフォーム事件」が花の不器用な一面を際立たせてしまい、「花きらい」と言うコメントがネットに爆発的に増えることとなりました。

【ユニフォーム事件】

同居の快が洗濯機の中を確認せず、自分の洗濯&乾燥をしたことで、「命の次に大事」にしていたと言う花の大切なリングコスチュームが縮んで色落ち。

花は泣き、さらに謝る快に対して「一緒に住むなら人のこと考えて暮らせよ!!」「ふざけた帽子かぶってんじゃねーよ!」などと暴言を浴びせ、さらに暴力も。

日を改めて心から謝罪する快にも、花は許すことができませんでした。

視聴者から見ると洗濯機の中に入れっぱなしにしてしまった花にも落ち度はあったものの、「快が100%悪いと思ってる?」などと追い込みます。

最終的に快はこれをきっかけにテラスハウスを去りました。

この事件までは花を大切に思う快への視聴者の好感度が高く、カップル成立が期待する声もありました。

しかしそれを最悪な形で終わらせるきっかけを作った花に、ファンが一気に冷めアンチ化したようです。

「アンチの声が毎日100件」木村花が言及

番組では、自然体で女の子らしさもある快活、そんなキャラクターが好き、と言うファンの声もあった木村さん。

木村さんは亡くなることが明らかになる数日前から、アンチコメントを肯定するなどして自虐する言動が増えており、ファンから心配の声が寄せられていました。

出典:Twitter

亡くなる直前の午前3時頃にはTwitterで次のようなツイートを投稿(現在は削除済み)

「毎日100軒近く率直な意見。傷ついたのは否定できなかったから。」とコメントしています

出典:Twitter

「毎日率直な意見」とは、誹謗中傷を指しているとみられます。

画像ではリストカットをする様子が映され、ファンが「早くスターダストに連絡を」と慌てる事態となり、午前4時頃には花さんとみられる女性が救急搬送されていたと言う噂もTwitterで上がり、花さんではないのか・・と言われています。

別の投稿では、「早く消えたいなぁ」「どうすれば消えられますか」と言った投稿もあり、ここ数日間の間でかなり追い詰められていた様子が分かります。