「市原ゴルフガーデン」オーナーはどんな人?社長が住民被害の保証をできない理由についても

2019年9月9日に千葉県などを襲った台風15号により、市原市で倒壊した「市原ゴルフガーデン」のポール撤去が進まない件。

ゴルフ練習場のオーナー(70代女性)がポール撤去や住宅の損害保証に応じられないということが明らかになりました。

オーナーがどんな人なのか、また住民らの被害を保証できない事情についてまとめました。

千葉ゴルフ場の鉄柱撤去「同意が得られない」理由は?同意区画からフジムラが撤去開始もオーナーは他人事

2019年10月11日

【市原市 ポール倒壊】被害者の居住地は誰が保障?「フジムラ」が無償解体も自治体や国は支援なしに疑問の声

2019年9月27日

「市原ゴルフガーデン」オーナーはどんな人?

市原ゴルフガーデンの詳細は→こちら

市原ゴルフガーデンの社長は70代の女性オーナーで、報道の取材に応じています。

どうやら今回の被害の苦情や処理は、弁護士を依頼しながらも1人で対応している様子。

住民らの苦情や報道機関らを前に一杯一杯に見える、という声も上がります。

その時の画像はこちら↓

出典:Twitter

出典:Twitter

また、11日に行われた住民への説明会も、多くの住民らの前で、オーナーが一人で対応。

市原ゴルフガーデン社長が住民被害を保証出来ない理由は?

今回の事故により多数の住民の生活に甚大な被害を出した台風被害ですが、現在の法律では原則として「オーナー側に過失があれば、住居の修繕費を負担。過失がなければ各家庭の保険で負担」という定めにあり、オーナーが被害住宅を保証する義務はないとのこと。

住民の中には乳児が怪我をした家庭もあり、住民の命の危険すらありました。

それだけにゴルフ場のオーナーの対応には不満や焦りがあるものの、住民らの被害は全て「天災」としてみなされるようです。

ネットの反応