研ナオコ「志村友達」で志村けんに扮しドリフ「超エモい」「泣いた」久々に公に姿表し話題に

今年3月29日に逝去された、タレントの志村けん(享年70)を偲ぶレギュラー番組「志村友達(フジテレビ系 19:00~)の特番「大集合SP」が21日に放送。

志村さんと親交のあったゲスト、ザ・ドリフターズメンバーや馴染みの芸人が出演する中に、志村さんの死後心身が心配されていた研ナオコ(66)も出演しました。

志村けんさんの代役としてオープニングに出演するなどした研さんに、ファンからは「最高にエモい」「泣きました」など、感動の声も上がっています。

研ナオコ『志村友達』で志村けんに扮しドリフ

研ナオコさんは21日の番組オープニングでザ・ドリフターズの登場シーンを再現した際に、志村けんの代役として登場。

ザ・ドリフターズの加藤茶(77)高木ブー(87)仲本工事(78)と並び志村さんに扮した姿で登場すると、視聴者からは驚きや感動の声が上がり、序盤から「泣いてしまった」という声も聞かれました。

研ナオコと志村けんの親交は50年以上

志村けんさんと研ナオコさんは夫婦漫才が有名。勉強熱心で気遣い上手な志村さんへの尊敬や感謝の気持ちから、緊張しながらも、頑張ったという研ナオコさん。

一時ファンからは結婚するのではないかとまで言われたという2人の息の合った漫才には定評があり、研さん自身も週刊誌の取材に対し、「コントのオチとして自分を使ってもらえることが、うれしくてたまりませんでした。(出典:婦人公論)」とコメントを残しています。

50年近い付き合いになるという間柄であっただけに、今回新型コロナウイルスによる感染症で志村さんがいない現実を受け止め切れず、立ち直れない、という気持ちを吐露。

14日放送のTV番組「ボクらの時代」(フジテレビ 日曜前7:00〜)ではリモート出演したものの、呂律が回っておらず「ショックから不眠となり、睡眠薬を飲んでいたのでは」「心身が弱っているのでは」といった心配の声まで上がっていました。

そうした経緯から考えると今回の研ナオコさんの志村けんさん代役は、彼女にとって最高の仕事であり、志村さんにとっても最高の弔いとなった様です。

 

SNSでは久々に見る明るい研ナオコの姿に

<<志村さんの役・・泣けるよ>><<やばぁこれ。泣いちゃう。>>

<<志村さん、近くで笑ってそう>>

などの声が上がりました。

その他番組では、番組MCの千鳥・大悟が涙を堪える様な姿も話題となりました。

今後のレギュラー放送はゲストらの心の整理にも必要な様です。

ネットの反応